IMG_0520のコピー.jpg

鋳物肌を意匠として残したエンゲージリングです。

鋳物肌とは砂型という工法で成形した時に自然に生まれる肌です。

一般的には削られ磨かれてしまう鋳物肌を、職人の技術により美しく残して仕上げています。

2人の初めてのリングと金属が生まれた時に初めて持つ鋳物肌の「二つの初めて」を一つのリングで表現しています。

​使用していくと徐々に鋳物肌が滑らかになり2人だけのカタチを育むことができます。

YEAR : 2020

MATERIAL : K18ゴールド / シルバー

SIZE : 16号 / φ20.5 W3 t=1〜1.5

           9号 / φ18 W3 t=1〜1.5